無料カウンター

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

リドルストーリー

ドラマの「純と愛」は、正直あんまり好きじゃないと思うけれど。途中からしばらくは見てなかったけど。昨日と今日は良かった。

昨日の、純のお母さんが「だってここは魔法の国でしょ」と言ってそれで純がまたホテルを始める決意をするシーンがすごかった。

今日の最終回。今までの脚本から考えると純が愛にキスをするところで、目を覚まして終わりにはしないよね、と思ってたら。まさかのリドルストーリー。目を覚ましたかどうかの判断は、見てる人に任せるとは。

純が長々と演説してるところはちょっと引いてしまったけど。

スポンサーサイト

PageTop

逆指値のOCO注文は、約定したらすぐに決済?

経済指標の時の逆指値のOCO注文は、約定したらすぐに決済した方がいいのかな? 約定したらすぐに逆指値を入れてたんだけど、逆指値を入れてる間にはね返ってくることもあって危ない。逆指値を入れないと危ないと思ったんだけど、すぐに決済する方が安全なのかな?

急に大きく動いてる時は、急にはね返ってくることも多いから。

15分足や60分足で狭いレンジ相場になってる時にレンジブレイクを狙って入れる逆指値のOCO注文も、約定したらすぐに決済がいいのかな? ちゃんとテクニカル分析に従って逆指値を大きく入れれば、はね返ってきても何も問題がないんだけど。

PageTop

FX指標スキャルでHAPPYトレード HAPPY ダイヤモンド社

part1 HAPPY流FXに対する考え方

第2章で述べますが、取引する業者選びはスキャルピングを行ううえで非常に重要です。
わたしは、その業者選びもトレードで成功するひとつの技術だと考えています。それを教えてしまうと、みなさんの業者選びの技術は向上しません。
たとえ、現時点で優位性がある業者をわたしが教えたとしても、システムの変更などによって、業者の優位性が失われることがあります。
そうした変化が起こったときに、自分の力で業者を選ぶことができなければ、勝ち続けることができません。


生活に必要なのは「お金」であって、「pips」ではありません。獲得pipsではなくて、獲得金額を増やすことを目指すべきことは明白です。
1,000通貨単位なら逆指値を入れないでやってもほとんど勝てるんだけど、それだといつまで経ってもポジションを大きく出来ないんだよね。去年からドル/円も動くようになって逆指値を入れないと危ないし。だから、10pipsでいいからちゃんと逆指値を入れて勝つのを目指しています。

勝率だけに気をとられると、負けを減らしたい心理が働き、「素早い損切り」を実行しようとするときの心理的障害になります。
Mayuhimeさんの、「ポンと利が乗らない時はすぐに逃げる」というやり方は私にはまだ難しくて。私は、4勝1敗でもトータルだとマイナスになったりしてた。最近は2勝3敗ならプラスになってたんだけど、また損切りが遅くなってる。

part2 「指標スキャル」のための準備

FX業者は目に見える表面上の変更だけでなく、バックグラウンドで動く取引システムの変更といった「目に見えない変更」を行うことがあります。
たとえば、「これまでは発注すると必ず約定したのに、最近は約定しづらくなった」といった変化は実際にトレードを何回かしないとわかりません。
指標発表時は、通常の為替相場とは異なり、急激にスプレッドが広がりますが、そのスプレッドが以前とは違う広がり方をするようになることがあるのです。
FX業者選びをきちんとできれば勝てる可能性はぐんと高まります。しかし指標スキャルにふさわしい業者は、時間経過とともに変わっていきますので、FXでトレードするかぎり、この作業には終わりはありません。

業者選びの3つのポイント。
スプレッドが狭い、サーバが強い、約定力がある
スプレッドの復元力もチェック。

スキャルピングでは、すぐに逆指値を入れられることも大事だと思う。LION FXは、あらかじめ逆指値のpipsを設定しておけばいちいちレートを入力しなくてもすぐに逆指値を入れられる。GMOクリック証券ならポジションを持つと同時に逆指値が入るようにできるからすごく良さそうなんだけど、まだ10,000通貨単位でやるのは怖いなあ。

トレーダーを困らせる3つの問題。
1.FX業者のサーバーがダウンする。
2.パソコンの故障
3.インターネットの接続不良

注文が約定したらすぐに逆指値を入れれば、両建てなんて考えなくていいと思う。

part3 「指標スキャル」のトレード方法

エントリー基準
指標発表後に、その時点のスプレッドの1.5~2倍程度レートが瞬間的に動いたら、順張りの方向に成行でエントリーする。

経済指標の時に成行注文って、無茶じゃないでしょうか? どの業者でも多少はスプレッドが広がったり約定拒否されると思う。私にはそんな高度なことは無理。私は、南諸さん、ボリ平さんなどと同じように逆指値のOCO注文。逆指値のOCO注文なら、多少は滑っても確実に約定してくれる。約定したらすぐに逆指値を入れれば大丈夫。買増しするというのもすごいなあ。

エントリーしたら必ず約定レートを確認する。
LION FXなら、プラスになってるかマイナスになってるかは一目瞭然だから大丈夫。約定したポジションが「売り」か「買い」かはちゃんと見ないと危ないけど。

指標発表前にエントリーしない。
これが難しい。逆指値のOCO注文だと、指標発表前に引っ掛かってしまうこともあって。でも、逆指値を大きくしたら思ったほど動かなかった時に危ないし。だから、出来るだけ時間ぎりぎりに注文。先に動き出したら、危ないからOCO注文しない。

米国指標発表時でもほかの通貨ペアが大きく動く。
雇用統計の時はドル/円とドルストレートは逆に動くことが多いから、クロス円通貨は乱高下して危ないと思う。

決済のルール
相場が逆方向に動いたら、すぐに決済する。
エントリー後に相場が動かないときは即決済。
相場が大きく動いたときは一度に決済しない。

損切りのルール
エントリーした方向と逆に相場が動いたら、すぐに損切りを行う。

最初から疑問に思ってたんだけど、HAPPYさんは逆指値を入れないのかな? 私はポジションを持ったらすぐに逆指値を入れて。出来れば逆指値に掛かる前に損切りなんだけど、間に合わないことも多い。

PageTop

JAL世界時計ウィジェット

経済指標の時にOCO注文するのは簡単に儲かっていいんだけど。時々ハマってしまう。全部は勝たなくていいんだから仕方ないんだけど。

昨日の独PMIは、発表の前にもうユーロが大きく下がり始めてOCO注文するのをやめちゃった。発表が少し早かったのかな?

英2月小売売上高は、発表の前にOCO注文に引っ掛かっちゃった。いつも1分くらい前に5pipsずつ離してOCO注文するんだけど。ポンドは、5pipsだと危ないかな? ポンドは、何もなくても1分間で10pips近く動くこともあるから危ないなあ。

今日の独IFO景況指数も、1分くらい前にOCO注文を入れたら発表の前に引っ掛かっちゃったみたいで危なかった。

5pipsだと危ないんだけど、10pipsだとすぐにはね返ってきたらもっと危ない。

1分前だと危ないから正確な時計を見て30秒くらい前に注文することにしよう。正確な時計がないかなあ、と思って探したらJAL世界時計ウィジェットが良さそう。ロンドン、ニューヨークなどの時刻も分かって便利。

http://www.jal.co.jp/worldclock/

PageTop

もう本はいらない?

といいながら、また新しいのが出たら買っちゃうのかな?

FXって、みんなやり方が違って。負け方は一つしかないけど勝ち方はいろいろ。だから、本を読む度に混乱して大変。

Mayuhimeさん、陳満咲杜さんの本を読むと自信がなくなる。でも、損切りの大切さが分かったのは、Mayuhimeさんのおかげ。トレンドラインの見方などが分かったのは陳満咲杜さんのおかげ。でも、GMMAを使ってポジションを長くホールドするのは私には無理かな~?

山根亜希子さん、ボリ平さんの本を読むと、FXは何とかなりそうな気がしてくる。FXを覚えたのは、山根亜希子さんのおかげ。そして、ボリ平さんのおかげで何かFXを始めた頃の気持ちに戻った気がする。私は経済指標が一番好きだったのに、ずっとやってなかったんだなあ。でも、ボリンジャーバンドを使いこなすのは私には無理かな~?

PageTop

給料分を稼ぐ超シンプルFX ダイヤモンド・ザイ編集部×ボリ平 ダイヤモンド社

またレンジブレイクか~。私は、レンジブレイクもボリンジャーバンドも苦手。いろいろな例えの仕方がおもしろいなあ~。

1.ロンドンコーリング手法

曜日によって勝率が違うというのがおもしろいなあ。一日の平均値幅も考慮すればいいと思う。

ロンドンで1日の平均値幅を達成するとあとは小動きで終わることが多い。
ロンドンで小動きだとその後のNY市場~東京市場で激しく乱高下するパターンも。
ロンドンで平均値幅を超える動きになるとその後に逆方向の動きが出やすくなる。
  『山根亜希子のハイブリッドFX』

『実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法 イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック)  Pan Rolling』には、もっとたくさんのレンジブレイクの手法が載ってる。テンプレート18.1が、まさにロンドンコーリング手法。

2.ボリ平ドラゴン式

私は、ボリンジャーバンドが苦手。2σだと順張りするか逆張りするかの判断が難しい。ボリンミドルもちゃんと見るようにしても、やっぱり難しい。3σなら大丈夫なのかな?

えつこさんのADXを使うやり方もそうだけど、トレンドの勢いにのる方法はダマされると端から端まで損をする。レンジに戻ったら損切り、だと無駄な損切りになってしまうことも多い。だから、私は早く動いてる時は手を出さないようにしてるんだけど、ついつい欲張ってハマってしまう。

平均足はすごく便利だけど、今上がってるのか下がってるのかは分からないからちゃんとロウソク足も見てないとハマってしまう。ドラゴン(遅行スパン)なら、ひと目で分かっていいのかな?

一目均衡表で、雲も見ないで遅行スパンだけ見るなんて珍しいなあ。

ゴムパッチンの法則は知らなかった。

3.ハイロウズOCO手法

経済指標の時のOCO注文は、昔はよくやってました。いつでも出来ると思ってやめてたんだけど、経済指標で稼いだ分でスキャルピングの練習をすればいいのかな。

米雇用統計は、最近は真っ直ぐに動かないこともあって危ないので、もうやってません。FOMCは、きれいにトレンドが出るみたいで良さそうなんだけど、その時間はまだ寝てる。

   

PageTop

みんなのFXもダメだ。

今週は何とかトータルでプラスになったけど、全然勝った気がしません。昨日も、ハマってしまった。経済指標の時だけやって、後は何もしない方がいいのかな?

みんなのFXは、指値、逆指値を10pips以上離さないとダメなので、使いにくくてダメだ。経済指標のOCO注文にも使いにくいし。昨日は、逆指値がなかなか入ってくれなくて少し大きめに入れたらレートが飛んで、-14.9pipsになっちゃった。これではスキャルピングには使えない。

スプレッドを狭くするよりも、逆指値は一発で入るようにして欲しいんだけど。スキャルピングなんか相手にしないのなら、スプレッドは0.4pipsでも0.6pipsでも、1pipsでも2pipsでも同じでは?

ヒロセ通商のLION FXも、レートが少し動いたら逆指値が入ってくれないことがあって、怖い。逆指値が入らない時はほとんど負ける時だから、すぐに損切りすればいいんだけど。

GMOクリック証券なら、ポジションを持つと同時に逆指値が入ってくれる。LION FXでもそれが出来ることがわかったけど、操作が少し面倒なんだよね。

PageTop

順張りこそ損切りを早く

順張りで勝てるのは損小利大が出来る人だけ。私には、陳満咲杜さんみたいにポジションを長くホールドして勝つのは無理。

だから、順張りこそ損切りを早く。逆指値を大きくして負けたら取り返すのが大変。レンジ相場を抜けたと思って順張りして外れたら、もし逆指値を教科書通りに入れてたら端から端まで損をする。だから、無駄な損切りと言われても逆指値は小さく。

上に抜けたと思ったら失速した、下に抜けたと思ったらはね返った、という時にはすぐに損切り。また抜けて行ったらもう一度付いて行けばいいと思う。

-2pipsくらいだと助かることもあるけど、-3pipsだともうほとんど助からない。

PageTop

経済指標だけやればいいのか?

経済指標の時のOCO注文なんていつでも出来ると思ってずっとやってなかったんだけど。またやり始めたら、やっぱり簡単に儲かっていいなあ。真っ直ぐに動いてくれないとハマるけど。

米雇用統計は、もうドル/円の上値が重いみたいで危ないけど。米小売売上高、米GDPはいいんじゃないかな?

ユーロなら、PMI、ZEW、そしてIFO。PMIは、慌てなくても結果が出てからずっとそのトレンドが続くことが多いみたい。

そして、豪ドルが素直に動いていいなあ。

ポンドはずっとやってなかったけど、試してみようかな?

とにかく勝てばいいんだから、経済指標だけやればいいのか?

PageTop

順張りも逆張りも両方やるのは無理?

昨日も今日も、ユーロ/ドルは汚いレンジ相場。

昨日は、平均足で順張りしてたらハマりまくって、途中から逆張りもやって何とか-0.1pips。って、何もしないのと変わらないじゃないか。

今日も、逆張りもやって何とか+6pips。

久し振りに逆張りをやったら怖いなあ。昔は移動平均線とかロウソク足のヒゲだけみて逆張りばっかりしてたのに。逆張りだと平均足の色は無視だから、また順張りの時に損切りが遅くなっちゃうかな?

今日なんてドル/円をやれば簡単だったのに。私は、ドル/円は急に大きく動くから苦手だけど。

PageTop

LION FXから珈琲届いた。



2月は、もう少しでトータルでプラスになったのに。
最後にハマって-20pipsくらい?
あ、みんなのFXも-20pipsくらい負けてるかな?

3月は、今のところほとんど損得なしかな?
これではやる意味が無いなあ。

PageTop

レンジ相場を生き抜くためのコツ

プロはカンタンな相場を見逃しはしないし、逆にむずかしい相場はできれば避ける。カンタンな相場とは、ファンダメンタルズに主導された一本調子のトレンド相場である。これに対して、レンジ相場はむずかしい相場である。したがって、レンジ相場をとろうとして苦労するよりも、レンジ相場は避け、トレンド相場を見つける努力をするほうが、儲けるための近道である。

私は逆張り大好き、レンジ相場も好きだったのに。平均足を見るようになってから、レンジ相場でハマるようになってしまった。レンジ相場の時は、平均足は見ないでロウソク足のヒゲだけ見てやらないと難しい。でも、レンジ相場はいつ抜けて行ってしまうか分からないから危ない。

OCO注文で直近の高値、安値から少し離して逆指値を入れた方が楽ちんみたい。でも、OCO注文だとヒゲだけ引っ掛かって戻って来ることもあるけど。やっぱりどうやっても難しい。

ロンドン時間ならOCO注文が有効みたいだけど、怖いなあ。逆指値をレンジに戻ったところじゃなくて、ちゃんと直近の高値、安値にすればいいんだけど。

PageTop

「金勘定」をしてはいけない

勝っているときも負けているときも、相場(レート)だけをみてトレードの判断をすることが大切だ。「お金」という感情が出てきた途端に、うまくいかなくなる。相場で動いているものはただの「数字の羅列」であると割り切り、現実のお金だと考えてはいけない。

本当にそうです。私は勝ってる時は調子に乗ってしまう。一回でも損切りすると、取り返そうとして無理してハマってしまう。損切りといっても、すぐに損切りするからそんなに損はしてないのに。

損をしたくない気持ちが強すぎる。昨日も、ユーロ/ドルがきれいに下がってたからチャンスだったのに。せっかくプラスになってたから一回でも負けたらハマると思って、何もしないで見てた。ユーロ/ドルが1.30を切るか微妙で危なかったし。

ゾーンの境地なんて一生無理かな?

 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。