無料カウンター

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

LION FXから、年越し餃子届いた。



ちょっと高い餃子になってしまったけど。
来月は、トータルでプラスにしたいなあ。

スポンサーサイト

PageTop

実践FXトレーディング―勝てる相場パターンの見極め法 イゴール・トシュチャコフ(L・A・イグロック)  Pan Rolling

私はまだ全然ポジションを長くキープできないから、逆指値を大きくしてトレンドフォローをしても勝てない。

陳満咲杜さんの『FXトレーディングの真実』にもいろいろなパターンがたくさん載ってるから、この本は必要なかったかなあ、と思いつつ。

ロウソク足が占いツールだなんて、大胆な。私は、バーチャートの方が見にくい。

イグロックメソッド
1.相場が動く方向は2つしかない
2.相場は常に動いている
3.相場は日々取引レンジを形成する


テクニカル分析を利用して確率を評価する

相場が現行の方向で現行の動きを続ける確率は、相場がすぐに反対方向へ転換する確率よりも高い
すいません。私も、逆張りが大好き。逆張りはすぐに利益確保しないと危ないから、ポジションを長くキープできなくなっちゃったのかな? でも、平均足を見るようになってから無茶な逆張りはあまりしなくなった。

当日、相場が一定の方向を中心に動いている場合、翌日もその同じ方向で続く確率が高い。

テクニカル分析の目的は、多くのトレーダーが考えているように、相場がいつどこに行くかを予測することではない。分析の主要目的は重要なポイントや水準を事前に見極めることである。


基本的なトレード戦略とテクニック

ダマシのトレンドラインのブレイクは現行のトレンドの継続の確認になることが多い
陳満咲杜さんの言ってた、「提灯消し」ですね。

ブレイク直前まで長時間の揉みあい状態であった場合は、ブレイク後に長いフォロースルーもしくはトレンド転換が続く確率が高い。

チャネルトレードのターゲットはチャネルの内側方向にあり、(中略)上昇チャネルの上方境界線や下降チャネルの下方境界線のブレイクは、ブレイク方向で仕掛けるための有効なシグナルにはならない。
ああ、これは何度かダマされた。(笑)

水平チャネル。大多数のケースで最初のチャネルのブレイクはダマシである。(中略)2回目のブレイクの後、チャネル幅を超えるような大きなフォロースルーがある。

すべての明白なフォーメーションには、膨大な数のトレーダーが見ることができるという基本的かつ明白な欠点がある。(中略)相場の法則では、他人と同じように考えていると必ず負けると言われている。
ああ、『伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術』にも、トレンドフォローをする人が増えると勝率が下がると書いてあった。

トライアングル。本物のブレイクは、相場が両方の辺(境界線)を3回触れたあとで現れるのが普通だ。(中略)ダマシのブレイクは、その後の相場の意図を高い精度で確認している。つまり、次の相場方向が、ダマシのブレイクとは逆の方向であることを指し示している。
ああ、これも何度もダマされたけど。平均足を見てればダマシかどうかはすぐに分かる。まだドテンするのは怖いけど。

マネーマネジメントのルールとテクニック

損小利大が出来るなら、テクニカル分析に基づいて逆指値を入れても勝てるけど、私はまだ無理。一回で30pipsとか負けると、取り返すのが大変。

マーケットの予測可能性

1.同じファンダメンタル要因でもトレーダーによって解釈が異なる。
2.市場参加者によってその意図も、トレードを行う理由も、目的も異なる。
3.相場は様々なファンダメンタルズと相反する力による影響を同時に受けているため、最終的な反応には多様性がある。

予想はしてもいいと思うけれど、ポジションには固執しないで外れたらすぐに損切りすればいいと思う。でも、予想をすると「こんなはずはない」と思ってなかなか損切りできないのかな? ニュースばっかり読んでると、「ユーロがこんなに上がるはずない」と思ってはまってしまう。一番大事なのは、ちゃんとチャートを見ることだと思う。

イグロックメソッドによる短期トレードとデイトレードの戦略

ストップは、ポジションと逆方向への動きが継続する確率が急上昇するポイントにのみ置くべき。
そうなんだけど、難しい。ストップロスハンターが狙ってるし、ヒゲだけ引っ掛かって戻ってくることもある。ユーロ、ポンドはあっという間に20pipsとか行ってしまうことも多いから、すぐに損切りした方がいいと思う。

1.新規ポジションを建てる決断をしてから実際に注文を出すまでに一定の時間を空けること。
うん。チャートを見てすぐにやると、はまることが多い。(笑)

2.一般的に(現行の相場方向に建てられている)すべてのポジションは、統計的に負けトレードになるよりも勝ちトレードになる確率のほうが高い。その勝率は、相場の活況度が特に高く、相場の速度が特に速い時に仕掛ければ更に高まる。

3.トレードプランに従って、その時点の相場とは逆の方向に建てなければならない場合は、相場の活況度が最も低く、動きが最も遅い時に行ったほうがよい。

4.最も効果的なトレード戦術とは、当日に最も可能性の高い方向でのみ新規ポジションを建てることを前提とした戦術だ。

『山根亜希子のハイブリッドFX』でも、日足、60分足を見て買いなら買い、売りなら売りとその日のビジョンを決めて、変更はしないと書いてあった。

5.1日の序盤やアジアタイム中、米ドルに対する欧州通貨の新規ポジションは建てない。
午前中は、ユーロ/ドルはあんまり動かないことが多くて。午前中はドル/円かユーロ/円、夕方からはユーロ/ドルが好き。でも、時々、朝からユーロ/ドルが大きく動くこともあるけど。

6.ニューヨークタイムの開始後、特に欧州タイムの終了後には、当日の主要な相場の動きに逆らって新規ポジションを建てない。
ニューヨークタイムは、もう寝てることが多い。

反対方向の仕掛けシグナルを受け取ったら利益確定。

相場の速度と活況度が低下したら利益確定。
反転が一瞬にして起こることはまずない。
相場が長い間止まっていたあとに動き続けた期間と等しい時間内に新高値(または新安値)を付けないなら、そのポジションを手仕舞いし、利益を確定した方がいい。

タイミングに基づく利益確定。

1日の値幅に基づく利益確定。

『山根亜希子のハイブリッドFX』でも、1日の平均値幅を見ることが大事と書いてあった。

手仕舞いと同時にドテン。
そうなんだけど、まだ怖くてあまり出来ないなあ。ちゃんと損切りするだけで精一杯?

タイミングの重要性。
『山根亜希子のハイブリッドFX』にも、載ってた。
ロンドンで1日の平均値幅を達成するとあとは小動きで終わることが多い。
ロンドンで小動きだとその後のNY市場~東京市場で激しく乱高下するパターンも。
ロンドンで平均値幅を超える動きになるとその後に逆方向の動きが出やすくなる。


   

PageTop

ドル/円が85円突破



直近の最高値の84.95くらいを上抜いた時に、ああ、ついに85円も上抜けるのか、と思ったけど。今日も参加者が少ないと思って全然やるつもりがなかったから、黙って見てた。

85.10くらいで止まった時に平均足を見てたら、ああここが押し目、と思ったけどまた黙って見てた。

私はトレンドに乗るのが苦手。段々見えてきてるのに、まだ勇気がない。

PageTop

眠れる森の美女

ペローの「眠れる森の美女」は、最後に王妃が自殺してしまう。

「純と愛」も、愛のお母さん(若村麻由美)がいなくならないと幸せになれないのかなあ? そんなことはないよね? 宮古島のホテルの件までかかわってたなんて、ひどいなあ。

PageTop

逆指値は一回に取れるPips数よりも小さく。

FXは、最初は教科書通りにやっても勝てない。

例えば、逆指値を30pipsにしたら1勝1敗でトータルでプラスにするには、勝つ時は30pips以上取らないと無理。私は、逆指値を入れたらまだ一回に30pipsも取れない。両建てなら簡単に30pipsとか50pips取ってたけど、両建ては封印中。

松田哲さんは、「1勝9敗」でも勝てるそうですが。「1勝9敗」でトータルでプラスにするには、例えば逆指値を20pipsにしたら勝つ時は180pips以上取らないと無理。最近のユーロ/ドルは1日に100pips動かないこともあるから、2日以上キープしてないと取れない。ドル/円は、11月9日に79.46くらいで12月15日に84.05くらいだから、ずっとキープしてたらやっと460pipsくらい。衆議院の解散、安倍総裁の金融緩和がなければこんなに動かなかった。

私がトータルでプラスにするには、逆指値は10pips以下にして逆指値にかかる前に損切りしないと無理。損切りは、早いほど痛くない。ちょっとでもためらうともう無理。

PageTop

手を出してはいけない時。

私は欲張りだから、はまってばかり。落ち着いてやれば勝てるのに。

手を出してはいけない時。

1.早く動いている時。ロウソク足がのびてる時。
2.参加者が少ない時。朝5:00~9:00まで。
3.全然動いてない時。10:00~14:00頃まで。SMA25が平らな時、SMA25に近い時。
4.移動平均線、トレンドライン、レジスタンスライン、サポートラインに近い時。
5.レンジ相場の底、天井。外れたらすぐに損切りしないと危ない。

PageTop

FX常勝の平均足ブレイクトレード 二階堂重人



パラボリックって全然知らなかった。レンジ相場のときはあまり使えないのか。必要かなあ? でも、どこで利食いするかの目安にはなるのかな?

レンジ相場のときは、レンジを抜けるのかどうかがすごく大事で。底で売ってしまって跳ね返るとはまってしまう。天井で買って失速するとはまってしまう。外れたらすぐに損切りすればいいんだけど、大きく跳ねるとはまってしまう。

やっぱり、ちゃんと10pipsくらい抜けて行ってから様子を見て。勢いが止まってから押し目買い、戻り売りを狙うのが一番いいのかな?

私も、押し目買い、戻り売りには平均足の色を見るのが一番いいと思う。教科書通りなら、損切りは直近の最高値、最安値にするべきなんだけど。私は、そうやると取り返すのが大変。平均足の色が変わったら逃げちゃうのがいいんじゃないかなあ? それだと勝率が悪いと損切り貧乏になるけど。ユーロはどこで止まるか全然分からないから、すぐに損切りしちゃう方がいいと思う。

二階堂重人さんは、トレンドライン、移動平均線は全然見ないのかな? あ、ボリンミドルは移動平均線だけど。

PageTop

純はやっぱり田中麻理鈴

純は、オオサキプラザホテルに入社した時は味方は社長(舘ひろし)だけだったのだと思う。桐野さん(吉田羊)にも厳しく注意されて、「辞めたければ早く辞めれば」という感じだった。

でも、途中から桐野さんは最初から純の味方だったのかな、と気が付いた。成長してほしいから厳しいことを言う。純の欠点を厳しく指摘してた。

いつの間にか、純の周りの人はみんな味方になったんじゃない? 純が宮古島のホテルを守るためにオオサキプラザホテルを辞めることになって。桐野さんがあのプレートを純に渡すシーンが感動。

純も田中麻理鈴のように周りの人を変えて、オオサキプラザホテルもいつかは「まほうのくに」になる?

PageTop

10pips抜けたら付いて行く。


レンジブレイクする時を狙うのは難しい。レンジブレイクしてすぐに付いて行くと、戻しがきつくて怖い。逆指値の入れ方も難しい。

10pips抜けたら次にどう動くかを見て付いて行けばいいような。レンジブレイクしたら勢いが止まるまで待って、押し目買い、戻り売りを狙う。レンジブレイクがダマシだったら戻っていくのを狙う。

なあんて、後から見たら簡単そうに見えるんだけど。実際にやるのは怖い。20pipsくらい損する覚悟じゃないと出来ないかな?

PageTop

ゾーンの境地になってタートルのように。



昨日はユーロ/ドルが上に抜けそうだと思って何回もやったけど、なかなか上抜けしなくて損切り貧乏。あきらめて寝ようと思ってたらやっぱり抜けて行った。あーあ。

騙されても騙されてもタートルのように、なんて難しいよ。

PageTop

やさしいFX投資法ぜんぶ教えちゃいます! 山本有花

Book Offで105円だったので買っちゃった。
2007年12月に出た本だからもう古くて、前半はあまり参考にならないかも。スワップも今よりもすごく多いし。レバレッジ100倍なんて今は国内ではできない。

第6章 勝率は9割以上を狙ってください

ええ、勝率9割なんて無理じゃない?

いくら勝率が50%であっても、いえいえ、90%であっても、レバレッジのかけ方によって、トータルでマイナスになることはあるわけです。
それじゃあ、勝ったときはレバレッジを大きくして、損したときはレバレッジを小さくしよう、こんなことはできないですよね。それがわからないから問題なのです。
ですから、レバレッジをかける以上、FXで成功するには、あくまでも勝率にこだわるべきなのです。


ええ、レバレッジ(ポジションの大きさ)は上級者になるまでは毎回同じにしないと危ないんじゃないの? これは自信があるから、とポジションを大きくしたら損切りが遅れてはまると思う。

第7章 減らさない投資を心がけて下さい

自動ロスカット防止のためにクイック入金の準備をする、というのは危ないと思う。最初からちゃんと逆指値を入れないとダメだと思う。

利幅より勝率、という考えは私も賛成。

第8章 山本式FXはこんな方法です

移動平均線でどうやって勝率9割なんだろうと思ったら、レバレッジを低くして含み損に耐えるのか。私は山根亜希子さんの本でFXを覚えたから、今でもそれが最強だと思ってるけれど、ここを抜けたらいつ戻ってくるか分からない、というところに逆指値を入れないと危ないと思う。勝率にばかりこだわると損切りができなくなって、証拠金をどんどん足して最後はお金がなくなってはまると思う。

損切りは早いほど痛くない。損切りは負けではなくて、トータルでプラスになれば勝ち。私はまだ1勝9敗でプラスにすることなんて出来ないけれど、1勝1敗ならプラスになることもあるようになって来た。だから、この方法は封印中。

PageTop

損をする覚悟



ユーロ/ドルは、もうトレンドラインを下抜けしたから戻り売りを狙えばいいと思ったんだけど。1.2870くらいのサポートラインが強いなあ。



逆指値は自分の都合で入れるんじゃなくて、ちゃんとテクニカル分析で入れないとダメなんだけど。逆指値を大きくするのは怖いよ~。

トレンドラインを下抜けして直近の最安値も下抜けしたら、逆指値は直近の最高値またはチャネルラインの上?

トレンドラインを上抜けして直近の最高値も上抜けしたら、逆指値は直近の最安値またはチャネルラインの下?

そんなに大きくするのは怖いよ~。

SMA50で跳ね返されると思ったら、逆指値はSMA50を抜けたところ。これならSMA50に引き付ければそんなに逆指値を大きくしなくてもいいんだけど。それでも、ポジションをキープするのが怖くてちょっとしか取れなかった。

たくさん取るには損をする覚悟が必要。逆指値にかかったら仕方ない。正しい方法でも負けることもある。全部は勝たなくてもいい。

ああ、利を伸ばすのは難しい。

PageTop

ユーロ/円はジェットコースター


昨日のユーロ/円はすごかったなあ。

朝はドル/円がストップを巻き込んで急騰したのでユーロ/円も急騰。



19時のユーロ10月小売売上高が悪かったのでユーロ/ドルが急落して、ユーロ/円も急落。



24時の11月ISM非製造業が良かったのでドル/円が上がって、ユーロ/円も戻ってきた。
でも、もうユーロ/ドルは下がりそうだからユーロ/円も下がるんじゃないかな?

PageTop

順張りも逆張りもは無理?

私はレンジ相場、逆張りが好きだったのに。順張りの練習をして順張りに慣れてきたら逆張りが苦手になっちゃった?
レンジを抜けると思って失速すると端から端まで損をしてしまう。だから抜けると思って抜けなかった時はすぐに逃げなきゃ。どこで止まるかなんて分からないから。逆張りならレジスタンスライン、サポートライン、移動平均線に引き付けてからやった方がいいんだよね。

もうレンジ相場は全部捨てて順張りに徹したほうがいいのかなあ?

PageTop

改訂版 外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法 山根亜希子

私は、山根亜希子さんの本でFXを覚えたんだけど。

改訂版が出たから久しぶりに読んだら、山根亜希子さんのやり方ってちょっと他の人のやり方と違う。レバレッジを低くして損切りは出来るだけしないで両建てする。

私が去年少し勝ってたのは、ユーロ/ドルの両建て。レバレッジを低くして豪ドルなどを安くなったら買う、下がったらユーロを売る。でも、ちゃんとレンジを抜けたら損切りされるようにしてた。

今年も調子に乗ってやってたら、レンジを抜けて逆指値を入れてなくてはまってしまった。

最初は損切りには抵抗があるので両建ては便利だと思うけれど、両建てして含み損に耐えてばかりいるとデイトレなどでも損切りが遅くなってしまう。だから、今は両建ては封印中。

最初は教科書通りにデイトレードをやってもなかなか勝てないと思うので、山根亜希子さんのやり方も有効だと思う。でも、クロス円は暴落が怖いので、日足、週足もちゃんと見てここを抜けたら危ないというところに逆指値を入れればいいと思う。

ドル/円は、もう二度と100円にはならないかもしれない。ユーロ/円は、もう二度と120円にはならないかもしれない。豪ドル/円だって、もし万が一50円を切ったら二度と戻って来ないかもしれない。

豪ドルで大事なのは中国の経済指標で、ユーロの動きと同じになることも多いんだけど。全然触れられてなかった。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。