無料カウンター

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

経験に基づいた勘と度胸

「伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術」を読んでたら今井雅人さんの「外国為替トレード 勝利の方程式」を思い出して。久しぶりにパラパラめくったら、やっぱりすごい本。

トレードをしている最中に、「あ、これはやばいな」という第六感のようなものが働くことがある。相場を見ていて、悪寒が走るとでもいうのだろうか。
このような勘は、最初から見に付いているものではない。誰が言ったかは定かではないが、「経営に必要なものはKKD。経験に基づいた勘と度胸」という言葉を見たことがある。
カチーンとい音が聞けたり、あるいはゾクゾクした悪寒が走ったりというのは、実は別に第六感でもなんでもない。過去に似たような経験をしているからこそ、それが経験値として記憶のどこかに残っているのだ。


私のそういう嫌な予感は、結構当たってる。嫌な予感がしたらすぐに損切りすればいいのに。

 

スポンサーサイト

PageTop

伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術 カーティス・フェイス その2

Amazonのレビューを読んで読んだ気になってたんだけど、Book Offで半額で売ってたから買っちゃった。

第2章 タートルの心をなだめる

他人の判断ミスがチャンスにつながる。

損失回避……損はしたくないよ~。
埋没費用効果……損はしたくないから戻って来るまで待ってよう。
処理効果……損小利大が出来ない。
結果偏向……正しいルールでも損をすることもあるのに。
直近偏向……過去はずっとうまくいってたのに、最近の結果だけ見てしまう。
係留……簡単に手に入る情報に頼りすぎる。
バンドワゴン効果……皆が支持してるから支持する。
少数の法則……少なすぎる情報から判断してしまう。

市場がどう動くかを予測しないで、市場が今どういう動きをしているかを示す兆候に目を向ける。


第3章 いちばんきついのは、最初の200万ドルだ

1.エッジ(優位性)のある取り引きをせよ。
2.リスクを管理せよ。
3.首尾一貫せよ。
4.シンプルであれ。……2、3件のトレードが利益のすべてを稼ぎだすかもしれないんだから、トレンドをつかみそこねてはならない。


って、こんなこと私には無理だよ~。私が順張りが苦手なのは、順張りでたくさん取ったことがないから。せっかくトレンドに乗っても、長くポジションをキープできないから。レンジブレイクには何度も騙されてるし。

第4章 タートルのように考える

1.現在形で取引せよ。
2.予測しようとせず、確率で考えよ。
3.取り引きには自分で背金を取れ。


第5章 エッジのある取引をする

最大逆行幅(MAE)、最大順行幅(MFE)、E比率(優位比率)なんて知らなかった。ちゃんと確率を計算してるから首尾一貫できるんだね。私が今やってるルールだと、少しでも逆に行ったらすぐに損切り、だけど。

やっぱり、短期売買ではブレイクアウトよりも逆張りなんだね。

第6章 エッジから転落する

支持線も抵抗線も、いつかは抜けていくもの。

第7章 リスクを測る

シャープ・レシオ、MARレシオ。

難しくてよく分かんないけど、私は自分の耐えられる大きさのポジションでいい。みんながトレンドフォローにすると、やっぱり儲からなくなるんだね。

第8章 リスクと資金管理

Nファクター、ユニット。

第9章 タートル流積み木

第10章 タートル流トレーディング

トレンドフォローってストップの入れ方が難しい。ストップを入れない方が無駄な損切りがなくていいんだけど、本当に大丈夫なの?

第11章 バックテストのうそ

トレーダー効果、ランダム効果、最適化のパラドックス、オーバーフィッティング。

難しくてよく分かんない。最適化するのは大事だけど、最適化しすぎるとうまくいかないのかな。

第12章 地に足をつけて

RAR%、モンテカルロ・シミュレーション

難しくてよく分からない。

第13章 隙のないシステム

多様性……互いに相関することのない多くの市場で取り引き。
単純さ……特定の市況への依存を生む規則を最小限にする。

第13章 心の悪魔を手なずけろ

今井雅人さんなどの本で読んだことと同じだね。


PageTop

ねむり姫(いばら姫)

「ねむり姫」ってグリムだと「いばら姫」、ペローだと「眠れる森の美女」。
ずっと眠っていた愛が、純のチューで目を覚ましたのかな?
でも、来週もまだまだ大変そう。

「ねむり姫」で100年眠ってたのは、お姫様だけじゃなかったんだ。
純のチューで愛だけじゃなくて父親も母親も、妹の誠も目を覚ますかな?

ペローの「眠れる森の美女」は、すごい結末でびっくり。

PageTop

スケッチブック

純は2枚目の始末書。愛は警察へ。
でも、あの子はスケッチブックを欲しそうにしてたから、
純と愛がやったことはちゃんと伝わったんだね。

PageTop

愛のお仕事

「純と愛」は、「どんど晴れ」や「ウェルかめ」みたいな展開になってきて、
見るのをやめようか微妙なところをギリギリで踏み止まってるんだけど。

少し面白くなってきたかも。

愛は、株かFXをやればいいんじゃないかな?

PageTop

平均足の色が変わったら損切り(利確)

スキャルピングで大事なのは損を少なくすることなんだけど、難しい。私は損切りが遅いから3勝1敗とか5勝2敗でマイナスになって、馬鹿みたい。

ユーロはあっという間に20pips以上動くことも多いから、逆指値を大きくしても無駄。

1pipsくらい逆に行ったらすぐに損切り、とか2分経ったら損切り、とかいろいろ考えたけれど全然守れなくて。

1分足の平均足の色が変わったら損切り、を試したら良さそう。でも、また守らなくなるかも。

利を伸ばすのも難しくて、平均足の色が同じ間は粘ればいいのか? でも、急に失速することも多いから難しい。

PageTop

トレンドラインよりも平均足

ああ、ユーロ/円が安値を更新したから売ったら、跳ね返ってきて逆指値にかかっちゃった。レンジブレイクなんて嫌いだ。もっと逆指値を大きくすればいいんだけど、怖い。

トレンドラインも移動平均線も抜けていくものだから、平均足を見てすぐに損切りすればいいのか? もう、分かんないよ。

PageTop

復活?

久し振りに1,000通貨単位でやったら、勝った勝った!
でも、負けても平気にならないとトータルでは勝てないんだよね。

PageTop