無料カウンター

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

酒田五法は風林火山 日本証券新聞社

ロウソク足の読み方は、「株とFX―3日でプロ並にチャートが読めるようになる」で覚えたけれど、酒田五法までは知らなかった。

兜町ネット 酒田五法は風林火山
http://www.kabutocho.net/stock/sakata/

酒田五法も結局はトレンドフォロー、レンジブレイクなのかな? 私はそれは苦手だからいらないのかな?

でも、抱き線、はらみ線は使えそう。入り首線もユーロ/ドルだとよく出てくる。上放れタスキ、下放れタスキってトレンドライン、移動平均線に跳ね返されるってことだよね。赤三兵、三羽烏も使えそう。

 

スポンサーサイト

PageTop

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳 松下誠

私は順張りが苦手で、逆張りと両建てで何とか生き残っています。でも、ずっとそれを後ろめたく思っていて。何とか順張りも出来るようになりたくて、また本を買ってしまった。でも、結局どの本も内容は大体同じですね。Amazonで中古でも1,000円以上になってるから期待したんだけど。

順張りするには、じっとチャンスを待ってポジションを持ったら損小利大を目指さないとダメです。それはすごく難しくて。

A.移動平均線のクロスをサインとするトレンド・フォロールール。
ええ、これは古典的だけどダマシも多くて。サインが出るのは遅いと思うし。勝率が25~35%では私には無理です。

B.MACDをサインとするスイングトレード・ルール
5分足のMACDにはよくダマされるけど、スイングトレードなら大丈夫かな? 買いポジションならスワップをもらいながら含み損に耐えられるから、ポジションを小さくすれば損切りしなくても大丈夫。

C.価格の動きが小さくなる保ち合い時でのブレイクアウト・ルール
ブレイクアウトもダマシが多くて。うまく行ったことはほとんどないです。ダマされてもやり続けないとダメなのかな? またダマシでしょ? と思うと本当にブレイクすることもあるから難しい。

D.トレンド終末局面で現れるオーバーシュート時の逆張りルール
これは好きです。時々ハマるけど。(笑) ちゃんと逆指値を入れれば大怪我はしません。って、逆指値が間に合わないこともあるけど。

って、A~Cだってちゃんと損切りすればいいんだけど。

PageTop

為替のプロがやさしく教えるドル円ユーロ投資入門 松田哲 日経BP

古本屋さんで100円だったので買っちゃった。今では情報がちょっと古いかもしれないけど、分かりやすい。

スワップ金利の説明が、今まで読んだ本の中で一番わかりやすかった。

ドル/円の糊代はプラス・マイナス20ポイント、ユーロ/ドルの糊代はプラス・マイナス50ポイント。ユーロ/円=ユーロ/ドル×ドル/円だから、ユーロ/円の糊代はプラス・マイナス100ポイントというのはなるほど、と思った。でも、最近はユーロが売られるとドル/円は上がることが多くて。ユーロ/ドルとドル/円が逆向きになると、ユーロ/円はユーロ/ドルほど下がらないかも。

付録の外国為替取引実践用語集がすごいボリュームで、分かりやすい。

PageTop

美人過ぎるFXブロガーとZAiが作ったFX本 ファンダメンタルズ編 金井京子、ザイFX!編集部、山岡和雅

1.雇用統計
最近の雇用統計はあんまり動かないので、そんなにお祭りでもないような。OCO注文でやるのは危なくなってしまったし。発表直後にやらないなら、雇用統計じゃなくてもチャンスはいくらでもあります。

2.FOMC
こんなに詳しくは知らなかった。アメリカもずっと金利は据え置きだからあんまり動かないけど。次からはFF金利動向などの見通し公表だから変わるのかな? ドル/円ってでも本当に動かなくなった。10pipsとか20pips取るのはクロス円やユーロ/ドルならいくらでもチャンスがあるから、経済指標の時にやる意味がもうあまりないかな。

3.GDP
GDPは注目度が高いのに危険な動きがないんだ。今度やってみようかな?

雇用セット、インフレセット、住宅セット、って分かりやすくていいなあ。

4.ユーロを動かす指標
If0景況感指数よりもPMIが大事なような。PMIは発表があってからしばらくトレンドが続くと思います。中国のPMIも。

5.ポンドを動かす指標
ポンドはデモトレードでは良くやってたけど、最近は全然やってません。ユーロと似たような値動きでスプレッドは広いから。

6.要人発言
急に動くし、乱高下することもあるから怖いなあ。ドラギ総裁などの講演時間はチェックして、何もしません。


PageTop

ユーロ/豪ドル



ユーロ/豪ドルのチャートなんて見たことなかったけど、すごい下がり方! ユーロが下がってるのに豪ドルはそんなに下がってないのは、

1.RBA議事録で追加利下げの可能性が少なくなったから?
2.イランがホルムズ海峡を封鎖する恐れがあるので原油が上がって、欧州株も上がってるから。

だと思ってたけど、ユーロ/豪ドルが下がってるのも影響してるのかな?

ユーロ/ドルはショートがたくさんたまってるのでそろそろ上がると思ってたら、やっぱり上がった。でも、1.30ドルは上抜けるかな?

PageTop

めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiと現役東大生が作ったFXノート 瀧口友里奈×平田啓×ダイヤモンド・ザイ編集部

すべての相場はゆっくり上昇して、急落する。下落が始まった頃に投資家は買い始める。ああ、みんなやっぱり逆張りが好きなんだよね。(笑)

最初はドル/円がお勧め、とよく入門書には書かれてるけど、私はドル/円は苦手。普段はほとんど動かないのに、レジスタンスライン、サポートライン、トレンドラインを抜けるとストップを巻き込んで急に大きく動く。みんなポジションを大きくしてるのかな? 最近のドル/円は本当に動かなくて。私はポジションを長く持つのは嫌だ。

現在の経済状況を測るのが経済指標で、政府が対処して処方する薬が経済政策って、うまい例えだなあ。最近はでもお薬があんまり効かなくなってる。経済指標では為替相場はあんまり動かなくなってる。雇用統計の時はいつもOCO注文で儲けてたけど、最近はあんまり動かなくて、真っ直ぐに動かないから全然やってない。発表直後よりも20分くらい経ってからの方がやりやすいと思う。

世界の為替はアメリカの事情で動く。こんなに詳しくは知らなかった。でも、最近はほとんど欧州の事情で動いてる。ドル/円はユーロが上がるか下がるかに振り回されてる。

私はファンダメンタル分析大好きだけど、テクニカル分析も大好き。テクニカル分析は後付けというけど、ファンダメンタル分析だって後からいくらでも言える。ロイターのニュースを読んでも、みんないろんなことを言ってる。テクニカル分析はダマシもあるけど、それぞれのテクニカル分析の長所、短所をちゃんと理解して使えば役に立つと思う。プロじゃないとファンダメンタル分析での売買は難しいと思う。でも、後追いでもニュースをちゃんと読むのも大事だと思う。

「日足」で大きなトレンドに乗ってトレードしよう、というけど。日足だと逆指値を大きくしないといけないから、私には難しい。ポジションを長く持つのも怖いし、利益が出たらすぐに利益確保してしまいそう。(笑) ファンダメンタルの情報を入手するのはプロよりも遅いし正確に分析できないから、テクニカル分析でやった方がいいと思う。

外国為替の取引では「買う」ではなく「売る」が正解! でも、売るのはタイミングが難しい。下がる時は一気に下がるから、ちょっとタイミングが遅れると反転してはまってしまう。レンジブレイクを狙えばいいんでしょうけれど、レンジブレイクもタイミングが難しい。OCO注文やIFDO注文すればいいんだけど、ダマしもあるから加減が難しい。もうスワップは少なくなったけど、それでも豪ドルを売るのはまだ勇気が必要です。私はユーロを売るのはもう平気だけど、豪ドルのスワップも大好き。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。