無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

損切り、損切り、損切り!!

私は本当に損するのが嫌なようで。スキャルピングでも損切りは難しい。

デモトレードでの約定履歴を見ると、勝つ時はほとんどが2分以内。ということは、損切りも2分以内にすればいいんだと分かった。分かってみれば簡単なこと。

10,000通貨単位だと、エントリーした直後に-200円以上になってたら直ぐに損切り! (そこから戻ることもたまにあるけれど)

-100円以上の状態が1分以上続いていたら、もう危ないから損切り!

迷ってると、-300円、-500円、-1000円となって、ますます損切りしにくくなります。

これがmayuhimeさんがおっしゃってた、危ないと思ったらすぐに逃げるということですね。

 

スポンサーサイト

PageTop

マーケットの魔術師 ジャック・D. シュワッガー

マイケル・マーカス

みんなやっぱり最初は損切りが出来ないんだ。安心しました。(笑) 私は最初に山根亜希子さんの本を読んでて良かった。いきなり100万円とか損するなんて私には信じられなくて。まずデモトレード、次に1,000通貨単位と順番にやらなきゃ。(この時代はデモトレードなんてないのかな?)

第一にファンダメンタル分析では、大きな流れをつかむ上で大切な需給関係のアンバランスを読む。第二にチャートでファンダメンタルに基づいた方向へ相場が向いているかを確認する。そして、なにか材料が出ると、場味を反映して相場は本来の方向へ反応しようとするものなんだ。

どこかの市場で極端な需給のアンバランスでも生じない限り、もうトレンド・フォロー・システムは通用しなくなってしまったんだ。

まず最初に言っておきたいのは、一つのトレード・アイデアに対しては常に資金の五パーセント以下の金しか使わないということだね。そうすれば二十回君が間違ったとしても大丈夫だし、全部やられるまでには随分時間が稼げる。

二つ目には常にストップを使うこと。

多分最も重要なことは、利が乗っているポジションはできるだけそのままにしておいて、やられているポジションは早く切るということじゃないかな。

あとは自分のスタイルでトレードをするということだね。僕には多くの有能なトレーダーの友人がたくさんいるけど、仮に彼らのアイデアややり方でトレードをやったとしても、あまりうまくいかなかったと思うよ。

根性を持ち合わせてない偉大なトレーダーなんて聞いたことがない。成功するには勇気も必要さ。挑戦するための勇気、失敗に対する勇気、成功することへの勇気、そしてうまくいかない時でもやり続けようとする勇気だよ。

もし一つの市場でうまくトレードできるならばどの市場でも大丈夫だと思う。基本はすべて同じだよ。トレードは情的なものなんだ。群集心理や欲望であり、恐怖でもある。それはいつの場合も同じなんだ。


やっぱり当たり前のことをきちんとやることが大事なんだ。私は損小利大はまだ全然無理ですが。

ブルース・コフナー

六億五千万ドルなんて言われてもポジションが大きすぎて全然想像もできないんだけど。やっぱり大事なのは、ちゃんとストップを入れること、ポジションを大きく取り過ぎないことなんだ。

僕にとって、テクニカル分析は温度計のようなものなんだ。チャートに全然注意を払おうとしないようなファンダメンタル信奉者は、患者の体温を計ろうとしない医者と同じだね。

僕がポジションを持つ場合、あらかじめどこで手じまうのか、ストップポイントを決めておくんだ。そうじゃないと眠れやしない。どこでストップするかはテクニカル的に見て決めるのだけれど、それによって自ずとポジション・サイズも決まってくる。例えば、レンジの間にストップ・ポイントを置いたとしても意味がない。少しの振れですぐに当たってしまうからね。僕はテクニカル的に見たレジスタンスやサポートを超えた所にいつも置くようにしている。

どんなに自信があるポジションであったとしても、少なくとも今の半分くらいでトレードするべきだ。


リチャード・デニス

もし、物事がうまくいったときに気分がとても良くなるとしたら、うまくいかなかった時に大きく落ち込むのも避けられない。私はトレードを初めて三年でそれがわかったとは言わないが、二十年もやっていれば、しっかりした人生の見通しを持つことを学ぶか、気が狂うかのどちらかだ。

小さくトレードしなさい。なぜなら、初めのうちはそれ以上悪くなり得ないほど出来が悪いからだ。自分のミスから勉強しなさい。自分の資金の日々の増減に振り回されてはいけない。一回一回のトレードの結果がもつランダムな性格ではなく、自分が正しいことをやっているかどうかに焦点を当てなさい。


ポール・チューダー・ジョーンズ

プロでも逆張りで生き残ってる人がいるんだ! 私も逆張りは好きだけど、どんな本を読んでも逆張り、ナンピンは禁止って書いてあるから怖くなってしまって。逆張りする時はすぐに利益確保してしまう。

やっぱり最初に覚えたやり方がその人の基本になるのかな?


エリを見ていて、相場は新高値をつけた時に非常に強く見えるが、それはしばしば絶好の売り場なんだと学んだ。良いトレーダーになるためには、いく分か大勢の逆を行かなければならないと教わった。

ナンピンをしないこと。トレードがうまくいかない時は枚数を減らすこと。うまくいっている時には枚数を増やすこと。コントロールができないような局面では決してトレードしないこと。

トレードで最も重要なルールは巧みな攻撃をすることではなく、巧みな防御をすることだ。

私が大きくやられるのは、いつも大きく稼いだあとで、自分は何かをつかんだと思い始めたときだ。


ゲーリー・ビールフェルド

やっぱりファンダメンタル分析に従ってトレンドフォローでポジションはできるだけ長く持つのが王道なんだけど、それは私にはすごく難しくて。


トレンド・フォロー・システムを使ってトレードすることで、初心者は利食いはゆっくり、損切りは素早くという原則を学ぶことができる。

僕は常に、ちょうどポーカーで勝算の高い手を待つように、絶好のトレード・チャンスを待つ忍耐力を保つように心がけている。もしトレードがしっくりいかなかったら、手じまって小さな損を出すんだ。


エド・スィコータ


我々が分析の対象とするファンダメンタルズは、通常既に相場に織り込まれているので、あまり役に立たないと思う。

売買ルールが自分自身のトレードのスタイルを反映したものでない限り、トレーダーは長い間ルールに従うことはできないと思う。

買っても負けても、皆自分の欲しいものを相場から手に入れる。負けるのが好きなように見える人もいる。だから、彼らは負けることによって手に入れるんだ。


私も心理学大好きで本をたくさん読んでたから、その通りだなあと思ってちょっと怖くなった。

ラリー・ハイト

FXは、一回でも嵌ると全部失ってしまうこともあるから怖いなあ。

どのトレードにおいても、総資産の一パーセント以上のリスクをとるな。

  

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。