無料カウンター FX取引高世界第1位 バナー

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

両建て、ナンピン

両建てはFX会社によっては出来ないことがあります。
損切りしてくれた方がFX会社も儲かるのかな?

山根亜希子さんの本を読んで久しぶりに両建てをやったらいいなあ。
損切りは大事だけど、逆に行かれたら早めに損切り、は難しくて。
損切りして戻って来たらやっぱり後悔してしまう。

まず、ドル/円か豪ドル/円、またはNZドル/円を買う。(または売る)
逆に行かれたら、ユーロ/円かポンド/円を売る。(または買う)
違う通貨ペアなら両建てじゃないから、どこのFX会社でも出来ます。

ドル/円などよりもユーロ/円、ポンド/円の方が大きく動くから、
後で逆に行かれたドル/円などを損切りしても、大抵儲かると思います。

ドル/円などはもう底値だと思ったところでナンピンして、
適当に戻って来たところで損切り。
もう利益が出た後だから、損切りもそんなに抵抗なく出来ます。
底値だと思ってナンピンして、また下がったら悲劇ですが。(笑)

スポンサーサイト

PageTop

山根亜希子のFX連勝投資術

こんなに薄い本だったとは。
これだけでFXを始めるのは危ないんじゃないかなあ?

せっかく損切りは早めに~と決心したのに、
また迷ってしまう。

何も知らないでデモトレードをしていた時は、
損切りなんかしないで戻って来るのを待ってた。
ロスカットされてしまうこともあったけれど、
それはあまりにもノーガードだったから。

両建ても、何も知らないで平気でやってた。
そして、利益が出たポジションから順番に決済。

ナンピンはまだ怖くて出来ないなあ。

山根亜希子さんも、やっぱりトレンドが大好きなんだなあ。

PageTop

グランビルの法則

グランビルの法則
21の中期線が上向き状態のとき、ローソク足が下から上へ突き抜けたら「買い」(ロング)のエントリー。逆に21の中期線が下向きのとき、ローソク足が上から下へ突き抜けたら「売り」(ショート)のタイミングではないかと考えます。

また、21の中期線とローソクのかい離が大きくなったときには、元に戻ろうとする動き(自律反発)が起こるのではないかと見て、「買い」(ロング)または「売り」(ショート)のタイミングではないかと考えます。

何て分かりやすい説明!

Mayuhime流トレードの基本は、75SMAの上での買いエントリー、下での売りエントリーです。

チャートを見ていると、グーンと一気に動くことがあるので、慌ててしまいがちですが、5分、10分、15分ぐらい待っていれば、だいたいポリン・ミドルまで戻ってきます。


これはグランビルの法則だったんだ。

いろんな本を読んだらFXをどうやればいいのか分からなくなってしまって。
デモトレードも全然やらなくなったけど。
やっと復活。

  

PageTop

月100万円儲ける私のFXノート 鳥居万友美

私はデモトレードでも全部ノートにつけています。

法則7 マイナスの感情を吐き出す
って、いいなあ。真似しよう。

ドル/円で10pipsくらいをコツコツっていう方法もあるんだ。
でも、40万通貨単位とかやってるのがすごいなあ。
レバレッジ100でも証拠金が40万円くらい?

FXはそんなに負けてる人が多いのかなあ?
自信がなくなってきた。

PageTop

ポリンジャーバンド その2

ポリンジャーバンドは、ろうそく足のヒゲが見にくくなるので、
全然使ってなかった。
逆張りに使うのは危ないし。
って、RSIもトレンドが出ていると全然当てになりませんが。


上下にかかわらず、トレンドが出ている時に重要になってくるのが、ポリンジャーバンド・ミドル(ポリン・ミドル)です。


+2σ、-2σは邪魔だから表示させないで、25の移動平均線を見てればいいかな?

 

PageTop

ドル/円が止まらない

せっかくユーロ、ポンドは安定してきたのに、
ドル/円の下落が止まりません。
ドル/円が下がると豪ドルなども全部下がるので、
何も買えません。
売ればいいんだけど、売ったときに限って上がったりして。

2010.7.7.

PageTop

エンベロープ(乖離率)

トレンドに最後まで乗れなくても気にしない。
欲張らないで危ないと思ったらすぐに利益確保、と言いながら、
やっぱり「ああ、もっと儲けられたのに」と思ってしまう。
FXは、欲張ると酷い目に遭うのに。

ローソク足には移動平均線から大きく離れると、戻ってくるという習性があります。この乖離(どのくらい離れたか)が、乖離率を見ると視覚的に分かりやすく判断できます。

エンベロープ

 

PageTop

トレール注文 その2

例えば、ポンド/円のデイトレで100pipsの利益を狙っているのに、40~50pipsの含み益が出たら、ストップ(損切り)をエントリー値までズラしてしまう。こうすると、ローソク足がエントリー値まで戻ってきたら損切りされ、結局プラスマイナス0で終わってしまうことがよくあります。一度出た利益が一時的にマイナスになることを恐れるあまり、こういうトレードを初心者はやりがち。でも、これも損失リスクを受け入れていない証拠です。

ストップを次々にズラして利益確保をするトレール注文は難しくて。
うまくいくとトレンドにいつまでも乗れますが、
ストップの入れ方を間違うと利益が減ってしまいます。
私はトレンドに最後まで乗れなくてもいいから、
勢いが止まって危ないと思ったらすぐに利益確保。
本当は10,000通貨単位で10,000円以上儲けられるはずが、
早く利益確保しすぎて2,000円以下でも気にしない。
(本当は悔しい。)

PageTop

FXママの子育てしながら月収100万円マル秘テク

FXブロードネットに資料請求すると、ただで貰えます。
https://www.fxtsys.com/shiryo.do

損切りの大切さがすごく丁寧に説明されています。
損切りするのは負けじゃない。
損切りしないで戻って来るのを待つ、ってみんなやってるんだなあ。(笑)
それで儲けても、ずっと待ってる時間の辛さを考えたら馬鹿みたいなんだよね。

75の移動平均線って全然使ったことないなあ。試してみよう。
ストップ(逆指値)は入れたほうがいいに決まってるから、
デモトレードで練習しょうかな?

PageTop

ダウ理論

上昇トレンド
次の主要な高値は前の主要な高値を上回っている
次の主要な安値は前の主要な安値を上回っている

下降トレンド
次の主要な安値は前の主要な安値を下回っている
次の主要な高値は前の主要な高値を下回っている

上昇トレンドでも途中で陰線が出るとドキッとしてしまうし、
下降トレンドでも途中で陽線が出るとドキッとしてしまう。
トレンドがいつまで続くかの判断は難しくて。

PageTop

7つの大罪

1.すぐに損切りできないこと
2.利益を勘定すること
3.時間軸を変更すること
4.より多くを知ろうとすること
5.過度の自己満足に陥ること
6.間違った勝ち方をすること
7.正当化


ああ、耳が痛い。
為替相場は逆に行かれても戻って来ることも多いから、
損切りしないで放置。
戻って来て利益が出たら、ラッキー♪
などということをすると、1、3、6、7に当てはまります。(笑)

レバレッジ10だと5円くらいまではロスカットされずに耐えられるから、(FX会社によって違う)
損切りしないで放置でも大怪我することはあまりないかもしれません。
でも、いつかは酷い目に遭いそう。

さっさと損切りして次で儲けたほうがずっといい。
損切りしないで戻って来るのを待つのはすごく気持ち悪い。

PageTop

米非農業部門雇用者数変化-6月

米非農業部門雇用者数変化-6月

予想 -13.0万人  結果 -12.5万人
一瞬だけ88.50まで上がったけど、元に戻った。
やっぱり雇用統計の前はポジションを全部閉めなきゃ危ない。

PageTop

ストップロスハンター


ストップロスハンターというのは、大量の資金を動かせるプロの投資家です。
彼らは、巨額の資金を投じて、投資家が入れたストップロスオーダー(損切り注文)が実際に発動するレベルまで、為替レートを意図的に動かします。


そんなの知らなかった。
私は逆指値は入れないから大丈夫。(って、もっと危ない。)

PageTop

指値、逆指値

指値注文、逆指値注文はすごく便利です。
OCO注文、IFO注文を駆使して自動売買してうまくいくとかっこいいです。
でも、私は自動売買が苦手。

読みが当たっても売買ポイントや損切りの設定を間違えると損で終わることも多い。

ああ、やっぱりそうなんだ。
指値、逆指値は一瞬でもその値段になったら約定してしまうから怖い。
それで、逆指値は全然入れないで自分で損切りするようにしたんだけど、
それもまた難しい。
損切りしないで戻って来るまで放置、はもうやめます! (多分)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。