無料カウンター

お気に入りの映画

最近はSKE48ばっかり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ショコラ

2000年 アメリカ映画
監 督 ラッセ・ハルストレム
出 演 ジョニー・デップ、ジュリエット・ビノシュ、ジュディ・デンチ、キャリー=アン・モス、アルフレッド・モリーナ、レナ・オリン、ヴィクトワール・ティヴィソル
あらすじ フランスの小さな町に謎めいたヴィアンヌ(ジュリエット・ビノシュ)が娘、アヌーク(ヴィクトワール・ティヴィソル)とともにやって来た。伝統と規律を守り、日々静かに生活を送るその町で母娘はチョコレートショップを開店する。 (ビデオのパッケージに書かれたあらすじより)
感 想 これはお腹の空く映画。チョコレートもケーキもおいしそう。断食期に我慢するのは大変だ~。

母娘は村から村へと渡り歩く運命でした。
古代のカカオ薬を処方しながら
北風と共に旅をする。

そして、やって来たフランスの小さな町は断食期だった。最初はなかなかヴィアンヌの店にお客が入らない。やって来ても「断食期だから」、とチョコレートを食べないで帰ってしまう。おばさん3人が並んで覗いてて、かもめ食堂みたいだ。(笑)

ストーリーは、ヴィアンヌVS村長のレノ伯爵(アルフレッド・モリーナ)という単純なもの。レノ伯爵は、町の人々に悪影響を与えるヴィアンヌを何とか追い出そうと十字軍のように戦う。(笑)

ヴィアンヌは、初対面の人がどのチョコを好きかを次々に当てるのがすごい! そして、少しずつヴィアンヌの仲間が増えていく。

ビデオのパッケージには「すべての人を幸せにしてしまう不思議なチョコレートを売る母娘の物語」と紹介されている。

夫の暴力に苦しめられていたジョゼフィーヌ(レナ・オリン)。

別れる勇気がないの。
人生は変えられるわ。

見事にフライパンも使って人生を変えたのがすごい! (笑)

アルマンド(ジュディ・デンチ)は、娘のカロリーヌ(キャリー=アン・モス)との関係がうまくいってない。孫にも会わせてもらえなかった。でも、ヴィアンヌのおかげでそれが変わった。

川にネズミがやって来た。それは、流れ者のルー(ジョニー・デップ)。レノ伯爵は何とか排除しようとする。ジョニー・デップ、なかなか出て来なくて待ち遠しかった。

ずっとヴィアンヌを応援しながら見てたけど、パーティはちょっとやり過ぎかなあ。もう一つ気になったのが、何でアメリカ映画なのに舞台はフランスの小さな町?

ヴィアンヌ母娘は、やっとこの町に定住できそう。

憎たらしいレノ伯爵も、実は辛かった。

誰もあなたを見下したりしないわ。
"もう戻らない"と言っても。

ずっと戦ってきたレノ伯爵も、最後はチョコには勝てなかった。(笑)

飲んで。さっぱりするわ。
すまない。
内緒にするわ。

ずっとレノ伯爵の操り人形だった神父さんが、最後に自分の言葉でする説教がいい。

人間の価値とは
何を禁じるかでは決まらない。
何を否定し
拒み、排除するかでもありません。
むしろ何を受け入れるかで決まるのでは。
何を創造し
誰を歓迎するかで。

ヴィアンヌとルーのラブストーリーはかっこよかったけど、ラストはちょっと安易かな。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

プルーフ・オブ・マイ・ライフ

2005年 アメリカ映画
監 督 ジョン・マッデン
出 演 グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス、ジェイク・ギレンホール、ホープ・デイヴィス
あらすじ 天才数学者の父(アンソニー・ホプキンス)の死をきっかけに、自らの人生を封印していたキャサリン(グウィネス・パルトロウ)。父の弟子の数学者ハル(ジェイク・ギレンホール)のやさしさと出会い、少しずつ心を開いていくが、父の書斎から世紀の数学の証明を見つけたことから彼女の運命は大きく変わっていく。 (ちらしより)
感 想 おもしろかったけど、予告編で見せすぎ。(怒) 途中まで見たところで最後どうなるのかが大体わかってしまった。

グウィネス・パルトロウは初めて見た。

キャサリンと父はそっくり。筆跡も、時々気持ちが不安定になることも。

私の頭は時々ひらめくけど
私の頭は時々イカれるの。

父を亡くして気持ちが不安定なキャサリンを心配して、姉のクレア(ホープ・デイヴィス)はキャサリンをシカゴからN.Y.に連れて帰ろうとする。でも、キャサリンはN.Y.には行きたくない。

キャサリンは父が精神を病んでから5年間つきっきりだった。その頃、クレアは毎日14時間も働いて家のローンを返していた。

キャサリンとクレアのどちらの言い分も間違ってないから、お互いに一歩も引かずにすごい言い合いに。「そこまではっきり言うか?」 とびっくりして、ちょっと引いてしまった。

ここからネタバレ

予告編で見てしまった、ハル(ジェイク・ギレンホール)が空港に向かう車に乗ってるキャサリンにあのノートを投げ渡すシーンがやっぱり印象的。

振り出しに戻ってやり直そう。
一行ずつ検証すれば
遠回りを省ける。

何でキャサリンはあのノートを引き出しにしまって数学者としての道を封印してしまったのか。その理由はショックだった。でも、雪の降る中でキャサリンが父を気遣うシーンがすごくきれい。キャサリンが父を看病した5年間は無駄じゃなかったと思う。父を大好きだったキャサリンは、他の道なんか考えもしなかったと思う。
PageTop

フライド・グリーン・トマト

1991年 アメリカ映画
監 督 ジョン・アヴネット
出 演 キャシー・ベイツ、ジェシカ・ダンディ、メアリー・スチュアート・マスターソン、メアリー・ルイーズ・パーカー、シシリー・タイソン、クリス・オドネル、ゲイラード・サーテイン
あらすじ エブリン(キャシー・ベイツ)は、叔母の見舞いで訪れた老人ホームでニニー(ジェシカ・ダンディ)と出会う。ニニーは、イジー(メアリー・スチュアート・マスターソン)とルース(メアリー・ルイーズ・パーカー)の物語を話し始める。
感 想 エブリンとニニー、イジーとルースの女の友情がいい。

エブリンはニニーの語る物語を聴く。


イジーはお転婆な女の子。レオナの結婚式の日。イジーはドレスを着て階段を降りてくる。膝をすりむいている。(笑) 「式なんて出ないからね」と言って、木に登ってしまう。兄のパディがなだめすかして、やっとイジーは木から降りてくる。イジーはパディのことが大好き。

パディはルースに熱を上げていた。ルースは、イジーとは対照的な上品な女の子。

パディは突然列車事故で亡くなってしまう。イジーはあまりのショックに河岸を動こうとしなかった。

イジーはまだパディの死から立ち直っていない。家にもめったに帰らないで世捨て人のような生活をしていた。ルースはイジーの母親からイジーを立ち直らせて欲しいと頼まれる。

うまくいくとは思えないけど。
いかせるのよ。あの子を救ってちょうだい。

イジーとルースは貨車に乗る。貨車が動き出し、イジーは中に積んでいた食料をキャンプ場の人たちに放り投げる。ルースは最初はこわごわやっていたけれど、だんだんのってくる。

さあて、そろそろ降りるか。
負けたわ。あなたの調教は私には無理ね。
あんた飛び降りられないんだ。
私を見くびらないで。

おとなしい感じのルースが、イジーに影響されてどんどん活発になっていくのがおもしろい。


エブリンはニニーの所を何度も訪ねて、イジーとルースの物語の続きを聴く。エブリンは更年期でいろいろ悩んでいたけれど、だんだん元気になっていく。

誰かが私に鏡を突きつけたの。
そのあまりのひどい姿を見て
あたしは自分を変えたの。


見ている人もたくさん元気をもらえる映画。そして、ラストに「あ、やられた!!!」
PageTop

SAYURI Memoirs of a Geisha

2005年 アメリカ映画
監 督 ロブ・マーシャル
出 演 チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、桃井かおり、工藤夕貴、コン・リー
あらすじ 貧しさゆえに置屋に売られたひとりの少女(大後寿々花)は、橋の上で会長(渡辺謙)と運命の出会いをする。「もう一度、あの人に会いたい」 儚い希望を胸に、少女は花街一の芸者、さゆり(チャン・ツィイー)となる。 (ちらしより)
感 想 映像がすごくきれい。芸者たちの女の戦いがすごかった。

大後寿々花ちゃん、初めて見た。離れ離れになったお姉さんを捜す姿は胸を撃たれた。

姉さんなんか忘れるんだ。
今日からこの家の人間が家族さ。

「チャン・ツィイーはまだかなあ」と思ってた頃に、CMでも良く流れてる、あの橋のシーンに。

今度転んでもベソをかかないこと。

そして、チャン・ツィイーの登場。さゆりは豆葉(ミシェル・ヨー)に芸者として育てられる。これも良くCMで流れてる、扇子をくるくる回しながら踊るシーンがすごくきれい。そして、水揚げの前にみんなの前で踊るシーンが圧巻。

豆葉、さゆりのライバルが、初桃(コン・リー)、おカボ(工藤夕貴)。女の戦いが始まった。

ここからちょっとネタバレ


1.さゆりと初桃

予告編で見たときから、この二人の対決は楽しみにしていた。すごかった。さゆり(子どもの頃は千代)は、最初から初桃にはいろいろ嫌がらせを受けてた。さゆりが半玉になってから、本格的に口での戦いがスタート。二人とも口では全然負けてなかったけど、演技の迫力ではコン・リーが圧倒してたような。最後、火をつける姿は紅夢菊豆を思い出させるくらい怖かった。

明日は我が身。
あれが私の未来なのか。


2.さゆりとおカボ

さゆりとおカボは仲が良かったのに、さゆりは豆葉の妹分になり、おカボは初桃の妹分になったので、親しく口をきけなくなった。いろいろあったあと、おカボがさゆりにしたことはショックだった。

どう? 奪われる辛さが分かった?


チャン・ツィイーが演じるヒロインは、いっつも真っ直ぐな気がする。

ご存知でした?
橋でお会いしてから
私の歩んできた道のりは
あなたに近づくためでした。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。